キミの隣で、モラトリアム

虚実ないまぜの月イチ更新

終末期には何色の夢を見る

理想論として挙げるならば、全人類が消え失せた世界で、私1人が静かに生きていて、砂の城が崩れるみたくコンクリのビル街が、小学校が、コンビニが、君がいたはずのマンションが、ほろほろと崩壊していく様子が見たい。その粒子はさらさらと風になびくだろう。それらを全て見届けた後に、私もぽろぽろと欠けていって、ひっそりと何もなくなった世界で朽ちていくんだ。殺されるんじゃない、死ぬのでもない、淘汰されるんだ。

そういう終わりが良いな、って話をした。
 
 
あの子との違和を感じたのは春の始めです。
別に誰も悪くない。
今は私がズレを感じてるけどもしかしたら、そのズレは私があの子に気付かないうちに、いや、気づかないフリをして依存してるからかもしれないよ。疑心暗鬼。
別に誰も悪くない。
だって人は変わるのだから。移ろいやすい生き物、可哀相ですか。
それでも私は、あの子と夕方のマックでチンケな性格診断をやって、正反対の性格、相性はサイアク、と出て、それを笑い飛ばした、私ら最強じゃん、って。その時のことを忘れてない。忘れられてない、のかもしれない。
 
誰も悪くない、って言葉、救われているように見えて、殺される気がしている。誰も悪くないのなら、誰のせいにも出来ないじゃない、でも、自分のせいにして甘い自虐を味わうことすら許されない、どうしようもならないこと、そういう現実だって確かに存在するんだ、リアルの痛みを突きつけられても息ができるか。
 
私は君の相棒でいたかった。君の隣にいられる人間でありたかった。今まで私はそれを他者からの絶対的な評価として求めていたのだけれど、違うよそれは。
君が私のことを相棒と認めてくれているかだよ、それが揺らいだってことは、君がそこに価値を見出さなくなった、って事、だよ。もしくは、私自身が知らないうちに君から離れて行っているんだ、知りたくない、それは。
 
それでも、何度でも、言いたいから私はそれを言うよ。
私はあの子の相棒でいたかった、隣でありたかった、それ以上でも以下でもない、最高に最強で対等な関係でありたかったのだ。
 
いいよ、これすら依存と笑ったって。
現に私はあの子に幾度か救われている、あの子もきっと、私に幾度か救われている、はずだ。
そうであってくれ、と願う心、浅はかな自尊心。愚かだね。
 
世界が終わる時の話をしたら、あの子、コンクリはほろほろと崩れずに、いきなりボロっと壊れるんだ、って言ってた。
私たちの世界は何で構成されてますか、崩壊しない物質なんてこの世には存在しないよ、だから、永遠は構築されない、断絶。